ハンドピュレナ手荒れ

ハンドピュレナのハンドケアと手荒れの徹底分析

昔から手の細かいシワがコンプレックスで最近は手の甲が痩せてしまい、手の甲の血管が目立ってしまいました。

 

40代から急にというわけではなくて、30代から徐々に手が痩せてきた状態なんです。

 

手の肌質やお手入れが必要なのはわかっていたんですが、忙しくてたまにハンドクリームを塗る程度で顔はアンチエイジングや美容液を塗ったりケアはしっかりしてたんですが、肌が乾燥してしまってもそのままにしたり、ハンドクリームだと手を洗ってりするとクリームが流れてしまってまためんどくさいからそのままにしたりと手のケアはしっかりとしてこなかったんですよね。

 

しっかり手のお手入れをしておこうと思ったのはネイルサロンでジェルネイルをしてもらってから爪は綺麗なのに手がシワくしゃで余計に手の甲のシワや血管が目立ってしまうことがショックでした。

 

このまま、手の甲のシワや血管が浮き出た状態のままだとさらに手が老けたままでどうにかしなくちゃと思いハンドピュレナでケアしています。

 

とくに女の人は家事をするだけ手が荒れやすいですね。それと職業でも、美容師さんなどの薬剤を扱う仕事や水を扱うお花屋さんなども肌荒れがひどいです。

 

肌荒れを治すクリームはありますが、肌荒れが治ったあとで肌がガサガサしていたり、肌のシワが残ってしまう人が私を含めて多いと思います。

 

肌が弱い人は特に手の甲のシワや手の甲の血管が目立ちますよね。

 

ネイルをしたり、名刺交換の時、お店のお会計の時も手がかなり見られていますよ。

 

ハンドピュレナのように手の甲のシワや血管をケアしてくれるものがなかったからすごく助かってます。

 

ハンドピュレナでケアしつつ手のケアでやっていけない行動を知ってケアすることが大切です。

 

毎日何気なくやっている行動が、手の甲のシワや手の甲の血管の原因になっているおともありますからチェックしましょう。

 

一日何回もの手洗いや時間をかけた手洗い

 

冬になると風邪やインフルエンザが流行するため手洗いは入念にしますよね。
除菌や洗浄力のあるハンドソープを使いすぎることやお湯で手を洗うと必要な皮脂まで洗い流してしまい手が感想で突っ張ることも多いです。
外出先で手を洗ったらハンドソープで手の乾燥が増してハンドクリームを塗れないなんてこともあったのでハンドピュレナも外出先にも持ち歩いておきましょう
手を洗う時はかならず水で洗って濡れた手をすぐに拭きましょう。
出来ればハンドピュレナを塗るようにしてください。

 

素手の食器洗いや洗濯

 

肌が弱い人や手の甲にシワが多い人は必ず、食器洗いやトイレ掃除、洗濯にゴム手袋で手を保護して水仕事や掃除をしてください。
油汚れがひどい時はお湯で洗剤を付けて食器を洗いますが、油汚れもキレイにおちますが、肌の潤いや保湿に必要な皮脂も全て洗いながされてしまうため、しっかりゴム手袋を保護して家事や水仕事をしましょう。

page top